Skip to content

浄水器はお風呂でも使えるのか

セントラル浄水器は住まい側の大元に設置する商品であり、これ一つで家中の水を全て浄水することができます。

特に浄水されたお湯を使えることが大きな特徴です。毎日のお風呂やシャワーにも綺麗な水をたくさん使うことができます。塩素の入った水で顔や体を洗うのが不安な人に最適な商品と言えるでしょう。セントラル浄水器はキッチン周りやお風呂、洗濯、トイレの温水洗浄などにも使うことができます。一般的な浄水器をそのまま使った場合、熱いお湯がフィルターを通過することになります。しかし、お湯がフィルターを通過するとフィルターが消耗してしまいますし、活性炭が膨張することでろ過した不純物が流れ出してしまいます。

使われているフィルターの種類によっても異なりますが、35度以上のお湯には注意が必要です。しかし、セントラル浄水器は住まいの大元に設置するため、お風呂でお湯を使っても問題ありません。浄水された水がお湯になるという仕組みであり、お湯を使ってもフィルターが消耗してしまうことはないということです。設置時のコストは高くなりますが、ランニングコストはフィルター交換のみとなっています。

もともと水道水を浄水して使うことになるため、とてもリーズナブルと言えるでしょう。それをキッチンだけでなく、家中のさまざまなシーンで活用することができます。いろいろな用途で気兼ねなく浄水された水が使えるのはセントラル浄水器だけですし、日常的に水を使う場合はこちらがおすすめとなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *