Skip to content

浄水器の種類にはお風呂で使えるものも購入できます

家庭用浄水器は通常はキッチンの蛇口に対して取付けを行うもので、飲料用や調理用として使うには最適な機器と考えられます。

13種以上もの物質を除去できるタイプであれば、信頼できる機種なので性能を確認した上で選ぶことが必要です。一般的なご家庭では、キッチン専用にしていることが目立ちますが、他の使い方も行うことができ、お風呂用として使う方法でも機種によっては不可能ではありません。お風呂の場合は大量にお湯を湯船に入れる必要性があるので、消耗品のカートリッジは寿命が短くなります。このことを改善するには据え置き型の大きな浄水器を用いる方法も考えられますが、ネット通販で探してみると、元々がお風呂用として販売している機種を見つけられます。

お風呂用は浄水器の中でも大型タイプに限定されているので、購入前には設置場所を確保することが必要になり、設備の状態によっては金具を用いて壁掛け用に仕上げる方法もあります。ユニットバスの場合は簡単に穴あけ加工を行えるので作業自体は難しくありませんが、穴を開けた部分に対してはシーリングを施工しておくと壁の外側に水が入り込んでしまうことを防げます。

浄水器をお風呂で活用する際には、蛇口本体だけではなくシャワーにもこだわりを持つことも必要です。湯船に入れるお湯だけを浄水しても、シャワーがそのままでは意味を呈さない可能性も出てしまいます。シャワーを頻繁に使うようであれば、浄水機能が内蔵されたシャワーヘッドが販売されているので、併用することで完璧な環境に施せます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *