Skip to content

浄水器はお風呂にも必要

綺麗な水を使うために浄水器の導入を考えている人も多いでしょう。

浄水器は飲料水を得るために設置するものだというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、キッチンの水道水だけでなく、お風呂のシャワーにも消毒のための塩素が含まれています。塩素は水道水の雑菌を除去するために必要なものですが、肌や髪の毛に悪影響を及ぼすと言われています。酸化作用があるため、タンパク質を主成分としている髪の毛のキューティクルが傷んでしまうということです。また、皮膚のタンパク質によって作られていますし、髪の毛と同じように塩素によってダメージを受けてしまいます。

肌の強さには個人差もありますが、塩素が含まれた水を使っているとバリア機能が低下しやすくなりますし、角質層の水分不足を引き起こすということです。結果として刺激を受けやすい肌に変わってしまいますし、痒みや肌荒れなどさまざまな肌トラブルの原因になると考えられています。特に敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。浄水器を設置すればお風呂のシャワーからも塩素を除去することができますし、肌や髪の毛への刺激を軽減できるでしょう。

お風呂におすすめなのはセントラル方式です。これは住まいの大元に設置するタイプであり、戸建て住宅や集合住宅など全体で使用する水を全て浄水することができます。一般的な浄水器と比べてフィルターも大きいですし、コストパフォーマンスが高いことが特徴です。また、一度設置すれば蛇口ごとに浄水器を設置する手間がかかりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *