Skip to content

お風呂の浄水器で髪や肌を守る

浄水器を使っている家庭がたくさんありますが、それは主にシンクだけで、あとは普通の水道水を使っておられます。

料理に使う水は、きれいなものを使いたい、そう思って利用されていますが、不純物は体の内部に悪影響を与えるだけでなく肌や髪にも悪影響を与えます。髪や肌に悪影響を与えるものに塩素があります。これは水道水には必要不可欠で安全な水にする目的があり、残留塩素にはバクテリアなどの増殖を防ぐ働きがあります。しかし体に触れたり入ったりしてしまうと問題が出てしまいます。残留塩素には酸化作用があり、肌のバリア機能を破壊し髪の場合はキューティクルを傷つけてしまいます。

それに酸化は体の老化を早めたりする原因でもあります。毎日、体の疲れを取るためにお風呂は大変役立ちますが、石鹸やシャンプーなど肌や髪を美しくするものを利用していても塩素が入っているとその効果は減ってしまいます。肌や髪を守りたい、美しくしたいとお考えの方はお風呂場にも浄水器の設置をおすすめします。

今、お使いのお風呂の蛇口やシャワーを工事する面倒はなく、お店で買ったきた浄水器をそのまま設置することができるのでとても簡単です。もちろんお湯もそのまま使えるので、不便さを感じず今までと同じように使えます。日々の疲れを癒す、ストレス解消、体を清潔に保つ、血行促進など多くの目的を持って利用されているお風呂にも浄水器をつけて、さらに有効活用してみてはいかがでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *