Skip to content

ペットボトルのお水とウォーターサーバーを色々と比較

ウォーターサーバーは割高なサービスだと思われているかもしれません。確かに電気代やお水の代金が常に掛かり続けます。大量にお水を消費すれば、その分コストが増します。しかし、それはウォーターサーバーに限ったは話ではありません。

水道水もまた同様の図式です。更にコンビニやスーパーのペットボトルを買えば、むしろウォーターサーバー以上にランニングコストが掛かります。単純にランニングコストの額で比較すれば、ペットボトルが最も高く、水道水が平均的な水準、そしてサーバーの維持費が最もお得になります。小サイズのペットボトルは一般的な店舗において100円から200円前後で販売されています。

それに対してウォーターサーバーの場合、同じ量の水のコストは約80円です。スーパーやコンビニのペットボトルは時期によって値段が乱高下するため、水不足になれば維持費が高騰します。ディスカウントショップでは激安のミネラルウォーターのペットボトルが50円前後で販売される事もありますが、毎日販売されるとは限りませんので、運に頼った節約よりも、確実に費用削減が望めるウォーターサーバーの方が良いでしょう。また仮に毎日ディスカウントショップで激安の水が買えたとしても、その店舗まで車を飛ばせば移動時間とガソリン代などのコストがプラスされるわけで、厳密に比較すれば、やはりサーバーの維持費の方が安くなります。

そしてサーバーに供給されるミネラルウォーターは国産の高品質な水であり、ディスカウントショップやスーパーに並ぶ激安商品と比較すれば、やはり前者のほうが鉄分やミネラルが豊富です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *