表参道エリアには多くの整形外科が存在し、日々女性の美を追求するため力を発揮しています。いつの時代でも女性の「美しくありたい」・「いつまでも若々しくありたい」という欲求は絶えることなく、むしろ最近では化粧品の豊富さや整形技術の発展に伴い、ますますその欲求は強くなってきています。その欲求を満たす為、表参道の整形外科医たちは技術や知識をフルに使って応えているのですが、どうしても「こんなはずじゃなかった」という人たちが出てきてしまっています。それは一体なぜなのでしょう。

そうならない為にはどうすればよいのでしょうか。整形外科を利用する人は皆、理想の姿を思い描いてその場に集まっています。その理想の姿をきちんと医師と共有できているかどうかが、とても大切なキーポイントなのです。単に美しくなりたいと伝えただけでは、どんなに技術と知識のある表参道の整形外科医たちでも、叶えることはできません。

「美しさ」を実現させるためには、利用者に正しく「その人の思い描く美しい姿」を教えてもらわなければ、力になれないのです。ですから、どのような姿になりたいかは出来るだけ具体的に伝えるよう気を付けましょう。こんなに詳しく話す必要あるかな?と心配になるくらい説明すれば、医師もきちんと利用者のなりたい姿をイメージすることが出来、術後に「こんなはずじゃなかった」と思うような事態にならずにすみます。イメージの共有は意識していないと簡単に終わらせてしまいますが、そうならないように少し気を付けるだけで、良い結果を得られるかどうかが決まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です